スマホがなければ仕事も遊びも進行しなくなってしまう昨今は、世界のどこに行くにしてもインターネット接続は必須!

普段はほとんどが観光旅行なので、ホテルにはだいたい無料wi-fiがあるし、外出先で少し使いたいくらいなので、海外用のポケットwi-fiをレンタルしている。

ただ3ヶ月近く滞在するとなると、今回はどのプランで行くか、かなり悩んだ。

(1)ソフトバンクのアメリカ放題を利用

https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/america-hodai/

Softbankは、アメリカのSpritという通信会社と提携しているため、対象機種であれば、日本の月々の利用料金と変わらずに、データ通信とSMSの送受信ができるというもの。

ただSpritは電波配信エリアが狭く、電波も弱いため、なかなかつながりにくいとの口コミから予備を模索。※事実、電波が弱め。

(2)大容量通信のポケットwi-fi

短い旅行の時はよく利用するものの、電波状況は安定しているものの、大容量のサイズは、重くてデカくて、持ち運びにくい。かつ、3ヶ月近くにもなると、料金も安いもので6万円前後、保障プラン加入やバッテリーの付属品なども、つけたら、かなり高額となってしまう。

滞在先に全くwi-fiがないなら必須だが、もしホテルや昼間の滞在先で無料wi-fiがあるのであれば、少々勿体無いような気がする。

(3)アメリカのSIMカード

私が最もオススメしたいのが、このSIMカード。海外の通信会社が販売している使用期間やデータ容量プランに合わせて複数のSIMが用意されており、Amazonや携帯を扱う大型の家電量販店で簡単に購入することができる。

現地空港で購入できる場合もあるが、購入する場所を探すのも面倒なのと、初期設定が必要なため、到着後すぐに利用したいのであれば、Amazonで事前に購入しておくことをオススメしたい。現地の値段とそう変わらず、中にはテザリング対応のSIMカードも販売されているため、色々比較して購入することができる。


(4)iPhoneのSIMロック解除

アメリカのSIMカードを利用するには、SIMフリー化のスマートフォンが必要。現地でも買えるが、国内メーカーのスマートフォンだと、渡航先の電波の波数と合う機種かどうかも確認しなければならない。

またSIMフリー化を一度もしたことがない人はdocomo,au,softbankそれぞれのキャリアで何かしらの設定が必要となる。ネットだけで手続き可能な場合もあれば、店頭での設定が必要な場合もある。ネットで手続き可能なものも、国内にいる間に限定されている場合もあるため、手持ちのスマートフォンを利用したい場合はSIMフリーについて事前確認が必要だ。

私の最近softbankで購入したiPhoneXsは、周波数の問題はないものの、購入日から110日たっていないため、SIMフリー化するには、分割購入した機種を全額一括支払いしなければならないなどの諸所条件があったため、iPhoneXsのSIMフリー化は断念。

そこでひっぱりだしたのが過去に使用していたiPhone6の端末。

iPhone6は、SIMフリー化前の機種(SIMフリーはiPhone6Sから)なので、キャリアに関係なくSIMフリー化できなくなっている。

そこでネットで検索し見つけたのが、スマホにSIMを差し込むだけで、簡単にSIMフリー化できまう、SIMロック解除カード。

Amazonで1400円程度のこちらを購入し、手持ちのiPhoneに入れるだけで、いとも簡単にSIMフリーのスマホに変更!

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B07K1X36TD?psc=1&ref=ppx_pop_mob_b_asin_image

どの機種でも問題なく対応できるか保証はできないが、私の場合はiPhone6のSIMロック解除ができ、問題なくアメリカのSIMカードが使えている。

期間が長ければ長いほど、数万円はかかりそうな、渡航先でのインターネット通信手配。用途によってはwi-fiを用意した方がよい時もあるが、ぜひアメリカのSIMカードもオススメしたい。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。